· 

電気代こんなに安くなりました【電力自由化】

電力自由化でいろいろな事業者を選ぶことができるようになりました。

で、どこに乗り換えるとお得なの?という話ですが、答えはその人のライフスタイルによって変わるので正解はそれぞれ違うのです。

 

電気は 基本料金(使っても使わなくても変わらないベース部分)と従量料金(使った量に応じてかかる料金)からなっており、従量料金はまた〇kwまでは単価いくら、そこからさらに〇kwまでは単価いくら‥という段階的料金になっています。

3段階まで構成があって段階が上がるほど単価が上がっていきます。ややこしい・・・。

 

となると、電気をあまり使わない家は「第一段階料金が安い」とか「基本料金が安い」とお得になり、よく使う家は2、3段階の料金が安い事業者を選ぶと得になります。

このほか、携帯電話とセットとかガソリン料金が安くなるとかそういう割引もあります。

何がベストかは人によって違うのでアドバイスが難しいです。

 

さて、我が家は4人家族の一軒家。冷暖房は電気オンリー、給湯はガスです。

春・秋は300-400kWh、夏・冬は500-700kWhくらいです。

下表は東京電力の三段階料金の単価です。

120~300kWh以上は2段階目、300kWh以上は3段階目の料金となります。たくさん使うほど、単価が高くなりますね。

我が家は春・秋は2段階料金に相当する使用量が多く、夏・冬は3段階料金の比率が高くなるということです。

 

と、いうことは2段階目、3段階目が安い事業者がお得というわけですね。

 

この条件に当てはまる事業者を探し、見つけたのがLooop電気です。

ここはなんと基本料金なし、そして従量料金に段階制はなく26.4円で固定です。

あれ?第2段階しか使わない場合は損じゃないの?と言いたくなるところですが、「基本料金が0円」が効いてきますのでそうもなりません。

 

気になる方は、Looop電気のシミュレータでどのくらい変わるのか試算してみてください。

https://looop-denki.com/low-v/simulator/

さてさて、試算した結果、我が家は年間で15,000円くらい安くなる・・・はず。

ということで2019年4月からLooop電気に切り替えております。

 

10か月たった今、実際のところどうなったのかとLooop電気の契約者ページで節約額を見ると・・・ 12,817円の節約!

2月と3月の節約額が加わると1年分になりますので、おおむね試算通りとなりそうです。

 

ひと月1,300円くらい安くなっています。これは毎月毎月のことなので、侮れません。

乗り換えは最初のひと手間だけで、大した労力もかかりません。

 

そして先日、Looop電気はガスとのセット割を始めましたという情報をゲットしました。

申し込むと、電気料金を2%割引してくれるそうです。これで毎月200円程度は安くなりそうです。

ざっくり年間で17,000円くらい安くなるのでは?

うちはガスの何倍も電気料金がかかっているので、こういうセットはとてもお得になります。

さっそく今月、申し込んでみまして、ガスは来月から切り替わるとの事。

 

こういうサービスを申し込みから利用まで、とても便利にできるようになりました。

インターネットの力は偉大だなあ、ITの時代だなあ、としみじみ思います。

ではでは。